働く社員の声

お店入口で

『molto!!』阪急三番街店 キッチン

辻純子

取材日:2017.06.26

インタビュー中

役職と仕事内容を教えて下さい

役職は正社員として主にキッチンで従事しています。キッチンだけではなくケースバイケースで別のスタッフの手が離せない時は、オーダーを取ることもします。「スタンド」と聞くと、入口で注文して奥に入るイメージかと思うんですが、当店の場合は奥のテーブルまで行き注文をとります。お客さまと同じ目線なので、自然と交流も生まれますね。

キッチンは常に一人で入ってます。コンパクトなキッチンなので、そこを私が牛耳っている感じですね(笑)
ランチ営業もしていますが、内容は基本夜と同じで、仕込みが昼と夜と分かれたりしないのでやり易いです。

カラビナはいくつか店舗がありますが、マニュアルによって営業スタイルを統一することはせず、そのお店ごとで営業しやすいスタイルを考えながら実践しています。自分の得意とするところは「おばんざい」なので、ゆくゆくはビールに合った「おばんざい」を出したいと思っています!

入社のきっかけを教えて下さい

入社を希望した一番の決め手は、「生産者訪問がある」というところです。クラフトビールに魅かれた部分は、もちろんあるのですが。
その当時、農家さんにボランティアに行っていて、モノを生み出す現場に非常に興味があったんです。正社員として働きながら、そういう場所に関わっていけるというのは非常に魅力的でした。

実際、入社後に何度か生産者さんを訪問させていただいています。面白いですね。自分の作る野菜に一切の妥協を許さない。かっこいいです。そういう現場で感じたこだわりや自信を持って、お客さまに料理を提供できる。気持ちが乗らない訳がないですよ!
料理人冥利につきますね。

キッチンにて

実際に働いてみて、どうですか?

基本的にスタッフがみんな若いので、すごく柔和で柔軟、変幻自在な会社なのかなと思います。
体力的には、逆に私は努力しないといけない部分なのですが、スケジュール管理がしやすい環境なので、臨機応変にしんどかったら遅番にしてもらったり、ゆっくり出勤することもあります(笑)連休なんかもとれますよ。

お店で使うお皿を、スタッフみんなで相談して決めたりもします。そういう判断をお店に任せてくれます。今回のオススメ料理で使っているお皿も私のイチオシなんです。ちょっとおばんざい感が出て、いい感じじゃないですか?(笑)

働いてみて、とても興味深いと思うことがありました。会社と業者さんをふまえた決算報告会が、年に1回開催されるんです。業者さんと社員全員が一堂に会すんです。きちっとスーツ着て、昨年度の収支がこうで、営業利益がこうでという内容を全員で聞くんです。業者さんと社員と、全員を同じ仲間として大事にしているんだなと感じましたね。

今後の目標や夢はありますか?

おばあちゃんカフェをします!おばあちゃんだけど、粋なカフェをやりたいです。おばんざいでランチからやってる感じで。平屋の古民家で細長くて、一番奥に庭があって...。
この夢は上司にも伝えてあるんですが、「すごい具体的だね。」と応援してくれています。

休日はどのように過ごしていますか?

どこか知らない土地に行くのが面白いですね。行き先は2~3日前に決めて、ホテルも急きょ取ってというパターンが多いです。一人で行きますね。
特に探して入るわけではないのですが、クラフトビール屋さんを見つけて、そこで飲んで。地元のおばんざいを食べるのが好きなので、そこは探しますが。「おばんざいとビール」最高です。休日までビール。「どんだけビール好きなの?」って話ですよね(笑)

あとは自転車が好きなので、サイクリングに行きます。今の自転車はタイヤが小さいので、もっと大きいのがほしいですね。でも小さいのは小さいので小回りが利くし、迷うところです。

入社する人へ

入社する人へメッセージ

職種に関係なく本当に様々なことが学べると思います。言葉遣いや人との対峙の仕方。それはお客さまや業者の方、スタッフと色々な人と関わり、そこから直に学べる。
将来、自分でお店や事業をしていきたいんだという人もすごく勉強しやすいと思います。「ここの家賃っておいくらなんですか」など少し聞きにくいようなことも何でも教えてくれます。

例えば自分がこういう事をしたいと提案したら「ではそうする為にはどうしたらいいか」とか「それなら、まずこれをすべきでは?」と、もっと深堀りしてくれて。自分が気付かなかった部分を教えてくれます。
聞いてくれる周りのスタッフもツワモノ揃いなんですよ。個人的にカメラが得意な人やパソコンが得意な人もいるので、上司限定じゃなくて関わってるスタッフ全員のどこかから波紋が立つ感じで教えてくれます。スタッフの仲が良くて働きやすいと思います。

あと驚いたのが、この場所を見に行きたい、こういった料理を食べたい、と思えばレポートを提出すると手当てが出る制度があります。なかなか自分ではレポート書くことはしないのですが、その方法だと顧客目線での思いを改めて文面に残すという作業ができるんです。そういう画期的な方法で勉強をさせてくれる素敵な会社だと思います。

ぜひ食べて欲しい料理!

STAND molto!!といえばの「ローストビーフのポテトサラダ」!お肉はこだわりの鳥取産和牛。いい感じでサシの入った厚切りローストビーフが4枚!食べる直前に炙られ、口の中でとろけます。お肉をめくると少し甘めのポテトサラダ。マヨネーズや砂糖を使用していません。ニンニクとアンチョビが入ったソースが絶妙に絡まります。ローストビーフでポテトを包んで食べてください!
大人のポテトサラダ、当店おすすめビールとの相性抜群です。

ローストビーフのポテトサラダ

働く社員の声リストに戻る