働く社員の声

手描き看板の前で

『ENTRATA』堂島店 パスタ場

濱崎佳帆

取材日:2017.02.22

インタビュー中

役職と仕事内容を教えて下さい

イタリア酒場『ENTRATA』堂島店でキッチンのパスタ場を担当しています。役割は、基本パスタ作りですね。今年で3年目になります。

ここは唯一女性スタッフだけが働いていて、ちっちゃい店舗なのでお客様との距離がすごく近くて、私の中で飲食の印象を変えたお店です。
そんな中で自分でパスタメニューを考えたり、その日のオススメをアレンジで作ったり、常連様が多いお店なので「いつもの!」みたいなオーダーを受けることもあります。

入社のきっかけを教えて下さい

ずっとパティシエになりたかったんですけど、どうせ作れるんだったら料理とどっちもがいいなって思って、両方学べる大学に行ったんです。そこで学んでいく中で、自分が一番好きなのはイタリアンかなぁって。

入社のきっかけは大学の会社説明会です。社長が大学に来て生徒向けに色々説明をしてくれたのですが、カラビナのブースで話を聞いたのがきっかけです。すごい気さくなんです、社長が。そこで話してみて、社員との距離が近いんだと感じました。
「一回ほんまに北堀江mothersに食べに行ってみて。」って。実際に食べに行ったんです。そうしたら、もうすごいいい店じゃないですか。その時にキッチンに一人だけ女の社員さんがいて、「あー、あんな感じになりたいなぁ。」と思い応募しました。

キッチンにて

実際に働いてみて、どうですか?

ここは常連様が特に多い店舗で、会いに来てくれたり、名前呼んでくれたりもしょっちゅうで。「Facebookで見たパスタ作ってー。」と言ってくださるお客様も多いです。オイルソースしか食べないお客様、トマトソースが好きなお客様、そういう常連様の好みなんかも自然に覚えますね(笑)

一日は長いですね。特にこの店舗は長いです。仕込みを間に合わせないといけないし、少し働く時間は長いですけど、その分休憩はちゃんとあるので、楽しく働けています(笑)

今後の目標や夢はありますか?

目標は…自分の店を持ちたいとか、本場イタリアでとかはあまり思ってなくて。前菜場だったりとか、パスタ場、メイン場などキッチン内のポジションがあるんですが、そういうポジションを全部回りたいです。
自分がレベルアップというか、もっともっと学んでいきたいです。色んな料理のバリエーションが出来るようになれればいいなと思います。

お店では、契約農家さんに野菜を作って頂いたりしているんですけど、自分で実際に畑とか行かせてもらったりしていて。いつかそういう食材を使ったメニューとか、お店の看板メニューを提案できる様になりたいです。

休日はどのように過ごしていますか?

休みの日は、ほぼほぼ買い物してます。服とか、やっぱり化粧品とかですね。あとは美容室行ったりとかが多いですね。

他のお店に食べ歩きにもよく行きます。飲みに行ったりとか。バルのような気軽に入れる店が好きで、福島とかよく行きます。
でも職業病なのか、こういう部分を見ちゃうとか何かあるんですよー(笑)スタッフの動きや厨房の中とか、「フライパンめっちゃ汚いやん」みたいな、そんなところに目がいっちゃいますね。そんな基本的なところが大事だと思います。
家でもご飯を作りますよ。嫌いじゃないし、むしろ好きなんで。もう、普通の「The 家飯」みたいな、肉じゃがとかね(笑)

入社する人へ

入社する人へメッセージ

カラビナには「年度方針」があるんです。この1年でどうなりたい!みたいな。私は4月に入社して、1年後の4月までにパスタを作れるようになるということを目標にしてきました。そしたら、9月にはランチでパスタデビューできたんですよ!
やりたい事をやらせてもらえるんです。「パスタ振れる様になりたいですっ!」って目標を言った時に、上司や先輩がそのためのスケジュールを一緒に考えてくれました。「じゃー、この日までに出来る様にしよっか!」ていう感じで、あんなに早くデビューできると思ってなかったですね。

これがやりたいですって言ったら、本当にやらせて貰えるとても自由な会社です。何でもできる。
いざやりたいって思った時にどう進んでいいかわからない時も、上の人がアドバイスやサポートしてくれるからとても心強いと思います。夢がある人は是非!

会社内は、みんな仲いいと思います。私も色々ご飯行ったり、グループ内の他の店舗の人とも仲よくさせてもらってます。他の店舗にもお客様として食べに行きますし、茶屋町店にもよく行きますよ(笑)

ぜひ食べて欲しい料理!

名物!海鮮ブルスケッタ」がオススメですね。エントラータといえば!の看板メニューなんです。旬を大事にしたお魚や甘エビ、いくらなんかをこれでもかっ!ってぐらいにバケットに乗せちゃいます。本当にこのメニューについては原価度外視で利益なんか無いんですけど、それでもインパクトを感じてもらってSNSや記憶に残してもらうための名物メニューです。だから、ご注文の際は絶対にSNSでの拡散お願いします!!(笑)

海鮮ブルスケッタ

働く社員の声リストに戻る